新築住宅

 
 
HOME > 新築住宅
五感で感じる安心安全で高品質な家
在来工法 昔から培われてきた優れた建築構法 デザインや間取りが自在に組める技術
在来工法

日本で最も広く普及している在来工法は、伝統工法による木の技術を生かしつつ、仕口や継手といった接合部分を金物などで補強し、壁を強固にしていった工法です。
従って、伝統工法のように力を骨組みで分散して柔らかく受けるのではなく、建物が地盤と一体になった固い耐震構造といえます。厳密にはある一つの工法の名ではなく、総称として呼んでいるため、現在も地域的な差や技術レベルに大きな幅があります。

基本は、構造体(土台・柱・梁等)に木材を使用し、それを継ぎ手や仕口という高い技術で接合しながら組上げていきます。
木造軸組工法とも言われ、レイアウトの自由さ、耐震強度などでも優れた性能を発揮し、日本の建築を支えています。

木造建築は、主に「水平材」と「垂直材」で構成されており、水平材として梁や屋根、床などの重量を支え、垂直材の柱が構造体の重さを基礎に伝えています。柱には1階と2階を1本の柱でつなぐ「通し柱」、更に階ごとに「管柱」があり、建築上重要な隅角部や中間の部分には通し柱を使用します。



在来工法の特徴

耐震性

地震や台風の力から建物を支え、倒れないようにしているのは、柱ではなく、耐力壁と言われる部分です。そして、耐力壁としてもっともなじみがあり、代表格なのが筋交いと呼ばれる部材です。
柱と柱の間に斜めに取り付けたこの部材によって、ちょうどつっかえ棒のような原理で、地震や台風のときに生じる建物が倒れようとする力に抵抗しています。
新耐震基準に適合し、筋交い、あるいは筋交いと合板の併用などの耐力壁を建物の大きさや階数などに応じて、必要な量を適正な場所に配置することによって、建物は耐震性、耐風性を確保することができるようになります。

自由度

在来工法はデザインや間取りが自在に組めるというメリットがあります。
柱や梁の位置、長さなどを比較的自由に設定でき、デザインや間取りの自由度が高く、開口部も大きくすることができます。
また、狭い敷地や変形敷地、傾斜地や道路条件などに制約がある敷地といったさまざまな条件にも対応できるため、敷地をフル活用でき、間取りも構造の制約を受けにくいという利便性があります。
将来的に二世代住宅にするなど、増改築などへの対応性も優れていますので、何度でもリフォームできるのです。


長期優良住宅 長く安心して住める家=住み継ぐ家 優れた性能を持つ資産価値の高い住宅を提案
長期優良住宅

長期優良住宅は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除去に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建て替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するために、大きく分けて以下のような措置が講じられている住宅を指します。

長期に使用するための構造及び設備を有していること
居住環境等への配慮を行っていること
一定面積以上の住戸面積を有していること
維持保全の期間、方法を定めていること

「長期優良住宅」認定を受けた建物に対して、税制面で様々な優遇措置が設けられています。



長期優良住宅の基準

耐震性

耐震等級2以上
極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。
※ 大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。

維持管理・更新の容易性

維持管理対策等級3
構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

劣化対策

劣化対策等級3
数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
※ 通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置。

省エネルギー性

省エネルギー等級4
必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

居住環境

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

維持保全計画

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

バリアフリー性

将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

可変性

居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。


長期優良住宅で受けられる税制優遇

住宅ローン減税 長期優良住宅の場合は、最大600万円までの控除があります。
投資型減税 長期優良住宅を新築した場合、一般住宅との差額(33000/平方メートル)の10%を税額控除(所得税)されます。
登録免許税 保存登記費用・移転登記費用は各0.1%
不動産取得税 1,300万円控除
固定資産税 戸建ての場合 5年目まで2分の1軽減
フラット50の創設 民間金融機関が、認定長期優良住宅について最長50年の住宅ローンを供給できるよう、住宅金融支援機構が支援(フラット50)
フラット35Sの拡充 住宅金融支援機構の優良住宅取得支援制度(フラット35S)において、認定長期優良住宅等に係る金利優遇(0.3%金利引き下げ)の期間を当初10年間から20年間に延長。
補助金 年間5棟以下の工務店で認定長期優良住宅を建てた場合100万円補助

※詳しい内容は国土交通省ホームページにてご確認ください

自然素材 木のぬくもりを感じる家 やさしく包み込む柔らかな仕上がり
長期優良住宅

住む人の心を、深いやすらぎと快さでつつむ天然無垢材。
無垢材とは、名前の通り自然そのものの木材のことです。
当組合では、自然が生み出したこの素晴らしい木の可能性や、木のもつ豊かさ、美しさを生かした家創りをご提案します。

無垢材は1本の原木から必要な寸法に切り出して使用するため、自然そのものの木材であるのに対し、合板は接着剤で木材を貼り合わせたものです。
シックハウスの原因となる化学物質(ホルムアルデヒド)は、この接着剤に含まれているのです。無垢材が重宝される理由は、化学物質を一切含んでいないためです。もちろん合板の方がコストは抑えられます。



無垢材のメリット

結露が生じにくい

木は、調湿機能を持っているため、周囲の湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出します。木をふんだんに使った室内は、結露が生じにくく、穏やかで快適な環境を保ちます。

ホルムアルデヒドが発生しない

無垢材は1本の原木から必要な寸法に切り出して使用するため、シックハウスの原因となる化学物質(ホルムアルデヒド)を含む接着剤を使用しません。

断熱効果

木の中は多くの空気層を含んでいる繊維構造のため、熱伝導率が低く断熱性能が良い事より素足で歩いたら、ぬくもりを感じることができます。

家屋の寿命が長い

日本の木造住宅が建築方法やメンテナンスによって、百年・千年単位で建ち続けることが可能だという事実は、多くの建造物が証明してくれています。



施工の流れ

当組合では、ご相談から資金計画、土地探し、設計、施工までの全ての工程においてしっかりとした管理体制で行っております。

1ご相談【無料】0120-73-1119 width=お問い合わせ width=

新築・リフォームについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。
お電話、FAX、メールにて承っております。


1

2建築スケジュール

ご希望のご入居時期に合わせ家創りのスケジュールをご提案します。


1

3資金計画・融資事前審査

資金計画に問題がないか、詳細にお打ち合わせします。
金融機関で、予備審査の手続きをします。


1

4土地探し・敷地調査

ご予算・ご希望地域・学区をお聞きして、土地をお探しします。
敷地の条件次第で、どんな家が建てられるかが変わります。


1

5資金計画・融資事前審査

資金計画に問題がないか、詳細にお打ち合わせします。
金融機関で、予備審査の手続きをします。


1

6地盤調査

建築現場の地盤に問題がないかをしっかり調査します。但し、建替えの場合は建物が解体された後になる場合があります。


1

7プランニング・ご提案

どのような家で、どのような暮らしをしたいのか、しっかりお聞きします。
伺った内容をもとに、そのご家族に合ったオンリーワンのプランをご提案します。


1

8お見積書提出

詳細が決まると、決定プランとお見積書を提出します。


1

9ご契約

ここからが、家創りの本当のスタートです。
ご入金をお願い致します。(請負金額の10% ~ご契約金~)


1

10融資本申込み・融資承認

金融機関で、融資の手続きをします。
金融機関が審査をして、融資承認をだします。


1

11実施設計着手

プラン図面を元にして確認申請用の図面を作成します。

1
12着工前確認・確認申請認可

工事に入る前に、全ての確認をしていただきます。
役所に必要書類を提出し、建築確認を申請します。約3週間後に許可が下ります。


1

13地鎮祭・着工

お祈りやお清めをしてから工事が始まります。まずは基礎工事から造っていきます。
ご入金をお願い致します。(請負金額の30% ~着工金~)


1

14上棟

住宅の骨組みを組み立てます。上棟式などを行うこともあります。
ご入金をお願い致します。(請負金額の30% ~中間金~)


1

15完成

ついに、夢のマイホームが完成します。
建物の最終確認もしていただきます。


1

16融資実施

金融機関で、金銭消費貸借契約書を締結後、融資金額が実行されます。


1

17お引渡し・ご入居

ご精算の終了と一緒に、鍵をお渡しします。マイホームでの生活が始まります。
ご入金をお願い致します。(請負金額の30% ~残金~)

ショールームで、見て触れて、直接、お確かめください。
ショールームで、見て触れて、直接、お確かめください。
富士フイルム生活協同組合・住宅事業部(コープハウジングデザイン)は、住む人のご要望にしっかりと耳を傾けて、家創りを行います。 ぜひ、ショールームにお越し頂き、皆様の声をお聞かせください。

富士フイルム生活協同組合住宅事業部 コープハウジングデザイン

〒250-0111 神奈川県南足柄市竹松741番地1

皆様のお住まいに安心・安全・快適を
富士フイルム生活協同組合・住宅事業部
(コープハウジングデザイン)がお約束します。

お問い合わせ・資料請求

住宅に関することや組合員に関することなど
お気軽にご相談ください。

0120-73-1119
お問い合わせ
富士フイルム生活協同組合員様へ

富士フイルムグループ社員の方、
富士フイルム生活協同組合員の方は
こちらからログインしてください。

紹介カードログイン
Copyright© 2015 – ‘2017’ fujifilmseikatsukyodokumiai All Rights Reserved.